旦那の給料だけで生活するのは昔の話

私が結婚した頃、旦那は転職したばかりということもあって給料があまり多くありませんでした。正直旦那の給料だけで生活していくのは厳しいくらいだったんです。本来なら私も働くべきなのでしょうが、主婦としての生活に慣れるほうが先決と思い専業主婦として生活していました。毎月赤字になるかならないかといった本当にギリギリの生活をしていました。しかし旦那は外で仕事をしてお金を稼いでくる、そして嫁である私がその中でやりくりをするという役割分担をしたことで、一緒に生活をしているんだという一体感のようなものが生まれました。もし今また当時のように旦那の給料が少なくなったら困るというのも本音ではありますが、あの頃を乗り越えたからこそ今があると思うといい思い出のひとつです。

結婚してすぐの頃は苦労しているのは自分達だけだと思っていました。周りの人達はみんな余裕があって幸せそうに見えていたんです。ところが親しくなってお互いの家庭の話をするようになると、意外と差はないことを知りました。旦那の給料だけで生活していくのはやはり難しく、嫁である自分もパートに出ていたり正社員としてバリバリ働いていたりと共働きの家庭がほとんどのようです。昔と違い核家庭が増えているのでそうならざるを得ないのでしょう。私は専業主婦の母親のもとで育ったので、今後自分が働きに出るようになったときに子供が寂しい思いをしないか少し不安にもなりました。しかし目標を持って働く姿を見せることも大切なことだと思います。いざ働きに出るときに私も子供も寂しくならないように、子供が小さい今は一緒に過ごせる時間を充実させるのが今の目標です。そしてその次は頑張って働く母親の姿を見せようと思っています。
旦那の給料だけで生活できない方へ