普通の生活に戻れる!

私はこれまで2カ所の病院で3交代と2交代の夜勤体制を経験しました。周りは夜勤の生活リズムに慣れ「夜勤より3日勤の方がきつい」という看護師さん方が多い中、私は世間が寝静まった中、眠い中通勤しないといけないことの方が苦痛で(日深の3交代時代)、巡視時は眠っている患者さんをどんなにうらやましく感じたか・・・。給料が下がっても“朝起きて夜は寝る”という人間の生活リズムに従い普通の仕事をしたいという気持ちが強く、結婚を機に夜勤なしの看護師求人を探しました。やはり大きな病院の外来やクリニックなどが多いですが、デイサービスやデイケア、訪問看護、CRCなど意外と幅は広いんだなと求人をみて知りました。今は精神科のデイケアに勤め、土日祝休みのOLさんのような規則正しい生活を送っています。

私が夜勤なしの看護師求人を探してみて思ったことは、看護師の給料が高いのは夜勤手当が大きく、夜勤がないと一般職と同じくらいの給料だということを一番に痛感しました。そして夜勤必須の求人が多く、日勤のみはベースが低く求人数も少ないです。やはり日勤のみだと給料がガクっと下がること、数が少なくなかなか「これ!」という求人は見つからず、初めは二の足を踏みました。しかし現在、精神科デイケアで働いていますが、夜勤から解放されたこと、病棟勤務とは違い社会生活の中で病気を抱えた患者さんをケアするという勉強ができ充実しています。看護師は依然として女性が多い職種なので、子育てによる仕事の時間の制限がどうしてもあると思います。夜勤なしの看護師求人がもっと幅広く数多く、できればベースの高いものがあればいいなと思いながら、そろそろ別の職場に転職しようかなと求人を眺める毎日です。